飲みすぎると下痢になる?

飲みすぎると下痢になることも…。

 

EGタイトピュアは漢方薬として定められた、生薬の配合バランスをもとに作られている防風通聖散サプリメント。

 

漢方薬といえば、副作用がなく安全なイメージがありますが、漢方薬に副作用が全くないという訳ではなく、EGタイトピュアも副作用で下痢になる危険性はあります。

 

西洋医薬に比べれば副作用がおこりにくい、というだけで、飲んでも副作用はおこらない、という訳では無いんですね。

 

EGタイトピュアを服用して起きる可能性のある副作用は、発疹・発赤・かゆみ・吐き気・嘔吐・食欲不振・胃部不快感・腹部膨満・はげしい腹痛を伴う下痢・腹痛・めまい・発汗・動悸・むくみ・頭痛、などが代表的なものです。

 

この中には下痢も含まれていますね。漢方薬は厚生労働省によって定められた生薬の配合バランスにより作られています。

 

これが飲みすぎてしまうと、配合のバランスが崩れてしまうんですね。で、ある種の生薬を過剰に摂取してしまうことによって、下痢や腹痛などの副作用が生じる可能性が高まってしまうんです。

 

EGタイトピュアは満量処方ではなく、2/3量処方なので、満量処方の防風通聖散に比べれば、比較的副作用がでる可能性は低いです。

 

これは、生薬の配合量が厚生労働省が定める配合量の2/3量で配合されている、ということですので、副作用も出にくいということですね。

 

ただ、当然定められた用量を超えて服用すれば、副作用が生じる可能性は高まります。

 

逆に言えば、定められた用量や用法を守って服用すれば、下痢のような副作用がおきる心配はほとんどないということですね。

 

 

防風通聖散の副作用って?

 

 

EGタイトピュアは防風通聖散のサプリメントなので、副作用もそれに準ずるものになります。

 

前述の通り、適量を服用していれば副作用の心配はほぼありませんが、以下のような症状が出た場合は、副作用の可能性があります。

 

発疹・発赤、かゆみ、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃部不快感、腹部膨張、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛、めまい、発汗、動悸、むくみ、頭痛

 

上記のような症状がでた場合は、直ちに服用を中止して、容器をもって医師または薬剤師、登録販売者に相談してください。

 

また、ごくごくまれにですが、下記のような症状が現れた場合は要注意。

 

間質性肺炎、偽アルドステロン症、ミオパチー、肝機能障害

 

これらは危険で重篤な症状となりますので、症状が現れた際は、直ちに服用を中止して医師の診断を受けてください。

 

何度も言うようですが、定められた用量・用法を守って服用すれば、副作用がおきることはほぼありません。

 

EGタイトピュアは毎日飲んでいくものですから、心配しすぎて飲まなくなったら意味無しですよね^^;

 

 

 

TOPページへ

page top