EGタイトピュアで飲み合わせに注意!

EGタイトピュアで飲み合わせに注意すべきこと

 

EGタイトピュアは防風通聖散という漢方薬で、第2類医薬品です。れっきとしたお薬なので、健康食品のサプリメントと違い、飲み合わせにも注意する必要があります。

 

まず、EGタイトピュアを飲むにあたって注意すべきことは、水かぬるま湯で飲むということ。

 

コーヒーやお茶で飲むと、生薬の効果に影響をおよぼす可能性があります。コーヒーやお茶で飲むのは辞めておきましょう。

 

また、漢方薬は厚生労働省から生薬の配合バランスが定められているので、その他のお薬や漢方薬との飲み合わせには注意しないと危険です。

 

防風通聖散と飲み合わせが良くない漢方薬は、以下の通り

 

・芍薬甘草湯
・当帰芍薬散
・甘麦大棗湯
・加味逍遥散
・葛根湯

 

これらの漢方薬は、防風通聖散と飲み合わせると危険な副作用がでるおそれがあります。

 

副作用がおきる要因として、防風通聖散に含まれる甘草、麻黄という生薬が重複することによる、過剰摂取が問題になります。

 

甘草は様々な漢方薬に処方されていて、鎮痛、解毒などの効果が期待できる生薬ですが、過剰に摂取してしまうと、副作用がでるおそれがあるんです。

 

特に甘草は、多種多様な漢方薬に含まれている生薬ですから、複数の漢方薬を飲んでいるかたは、知らないうちに摂取量が多くなりすぎていることがよくあります。

 

 

甘草を摂り過ぎた際に出るおそれがある副作用は、「偽アルドステロン症」と呼ばれる危険な副作用。

 

偽アルドステロン症の主な症状は血圧上昇や浮腫ですが、悪化すると全身の脱力、不整脈誘発、重篤なものでは横紋筋融解症を発症することもあるので大変危険なものです。十分注意してくださいね。

 

また、麻黄も同様に副作用が生じるおそれのある生薬で、過剰に摂取した場合、頭痛や不眠症、イライラ、吐き気などを起こす可能性があります。

 

また、麻黄に含まれるエフェドリンは、コーヒーなどのカフェインと合わさることで、血圧上昇、動悸などの副作用が起こる可能性があります。やはりコーヒーやお茶でEGタイトピュアを飲むのは、あまり良くないんですね。

 

EGタイトピュアを服用する際は、水またはお湯で、前述した漢方薬と併用しないように気を付けてましょう。

 

EGタイトピュアは漢方薬なので、西洋医薬と比べれば副作用が起きる可能性はかなり低いです。

 

ただ、前述の通りある種の生薬を過剰に摂取した場合においては、重篤な副作用を起こす可能性もないわけではない、ということですね。

 

それと、EGタイトピュアは医薬品ですから、漢方薬に限らず、他のお薬と併用する際は必ず医師に相談してくださいね。

 

 

 

 

トップページに戻る

 

page top